本文へ移動

山本草太は「調子は良くなっている」憧れの羽生結弦と同じリンクで入念調整…NHK杯公式練習

2019年11月21日 18時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公式練習で調整する山本草太

公式練習で調整する山本草太

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯が22日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。男子で2年連続出場の山本草太(19)=中京大=が21日、試合会場で行われた公式練習に参加。ジャンプなどを入念に確認していった。
 今大会は2位だった西日本選手権(滋賀県立アイスアリーナ)以来の試合となる山本は羽生結弦(ANA)や島田高志郎(木下グループ)とともに第1グループで氷上に登場。フリーの曲をかけた練習では冒頭の4回転サルコーが2回転になったものの、その直後に着氷。その後はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループの連続ジャンプなどを成功させていった。
 20日に北海道に到着した時には「調子は西日本選手権の時よりも良くなっていると思います」と話していた山本。昨年の大会は6位だったが、今年は憧れの存在という羽生と初めて同じリンクで戦うということもあって気合の入った表情で最後まで調整を続けていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ