イオンモール名古屋みなと 来年春営業終了へ

2020年10月7日 05時00分 (10月8日 09時35分更新) 会員限定
21年春に閉店するイオンモール名古屋みなと=名古屋市港区で

21年春に閉店するイオンモール名古屋みなと=名古屋市港区で

  • 21年春に閉店するイオンモール名古屋みなと=名古屋市港区で
 イオングループが運営する名古屋市港区の大型ショッピングセンター「イオンモール名古屋みなと」が二〇二一年春に営業を終了することが分かった。全盛期に比べてテナントは三分の一程度に減っており、消費者ニーズの変化や施設の老朽化を背景に約二十一年の歴史に幕を下ろす。七日に正式に発表する。
 二一年二月末でテナントとの契約が終了し、直営店も春までには営業を終える見通し。イオングループは跡地利用についての協議を進めているとみられる。
 同店は一九九九年十一月、中部圏で最大規模のショッピングセンター「ベイシティ品川」として開業した。当初は百二十のテナントが入居していたが、現在は約六十店舗にとどまる。
 さらに直結する映画館「TOHOシネマズ名古屋ベイシティ」も今年十一月末で閉館する。
 近隣ではイオングループが「イオンモール名古屋茶屋」を展開するほか、一八年に開業した「ららぽーと名古屋みなとアクルス」や「MEGAドン・キホーテUNY東海通店」など大型商業施設が集積しており、競争が激化していた。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧