本文へ移動

<タイムカプセル> ZIP−FMナビゲーター 石井七瀬さん(21)

2020年10月7日 05時00分 (10月7日 11時33分更新)

産声から「特徴的」

 生まれたときから声に特徴がありました。ワイングラスが割れそうなほど、大きな産声だったそうです。
 小学校低学年の頃って、教科書を音読する宿題がありますよね。あれが好きでした。聞いてくれた母に「すごく上手だ」と褒められて、うれしくて。音読用の昔話の本を買ってもらい、毎日読んでいました。今思えば、得意分野を伸ばしてあげようという親心だったのかなと思います。お気に入りの漫画のせりふを読んで遊ぶのも好きで、将来は声優になりたいと思うようになりました。
 夢に近づくため、高校は放送部の強豪校に。大会では、ラジオやテレビのドキュメンタリー番組を作って発表する部門があり、仲間と夜を徹して制作に明け暮れました。依頼を受けて、原爆で亡くなった人のお墓を私たちが捜す、という内容です。役所や資料館を駆け回って取材するのは大変でした。それでも、「伝えたい」と思うことを自分の声で伝えられることに、大きな喜びを感じました。
 名古屋の大学に入ってラジオの仕事に出合えたのも、高校時代に頑張れた部活の経験があったからだと思います。計画的じゃなかったかもしれませんが、目の前の課題には百パーセントの力で取り組んできたつもりです。
 今でも、ネットニュースを音読して滑舌を鍛えるトレーニングを続けています。でも、ラジオでは用意された原稿を読むだけでなく、アドリブも大事。そこをもっと伸ばしたいですね。 (聞き手・大野雄一郎)

 いしい・ななせ 1999年、広島県出身。高校時代に全国高校総合文化祭放送部門で優秀賞。中京大に通う傍ら、番組「GENZ」に出演。


関連キーワード

PR情報