本文へ移動

完全復調の光は見えた! 19歳山本草太はNHK杯フィギュア6位にも「最低限の演技。もっと強くなりたい」

2019年11月23日 22時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK杯6位の山本草太

NHK杯6位の山本草太

◇23日 フィギュアスケート・GPシリーズ第6戦NHK杯フリー(札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子は羽生結弦(24)=ANA=が合計305・05点で優勝し、今季GP2連勝。フリーは195・71点でショートプログラム(SP)に続いて1位だった。女子は紀平梨花(17)=関大KFSC=がフリーも2位の151・95点で、合計231・84点の2位。2人はシリーズ成績上位6人で争うGPファイナル(12月5~7日・トリノ)に進んだ。日本勢は男子の山本草太(19)=中京大=が6位、島田高志郎(18)=木下グループ=は9位。女子は横井ゆは菜(19)=中京大=が4位、山下真瑚(16)=愛知・中京大中京高=は5位となり、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界歴代2位の合計240・00点で制した。

 度重なるけがから復帰への歩みを進める山本はフリー5位。合計226・27点で総合6位に順位を1つ上げた。「練習を頑張ってやってきたが、不安が増してしまって最低限の演技だった」と反省しきりだが、得点源の4回転は冒頭のサルコー-トーループの連続ジャンプと、3本目のトーループの単独ジャンプの2本を成功。演技自体は小さなミスはあったものの、まとめることができた。「もっと質を上げて、もっと強くなりたい」。1カ月後の全日本選手権(東京)に向け、気合をのぞかせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ