本文へ移動

先発回避のヤクルト・小川はPCR検査で陰性 接触可能性の山田哲ら3人はベンチ外

2020年10月6日 19時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルトの先発久保を表示する「106ビジョン」

ヤクルトの先発久保を表示する「106ビジョン」

◇6日 中日-ヤクルト(ナゴヤドーム)
 ヤクルトは6日、体調不良で中日戦で予告先発が発表されていた小川泰弘投手(30)の登板回避理由を「発熱のため」と発表した。
 宿舎出発前に37.3度の熱があり、愛知県内の病院でPCR検査を受け、陰性と判定された。球団は検査結果が出るまでの備えとして、接触機会があった山田哲人内野手(28)、西浦直亨内野手(29)、石山泰稚投手(32)のベンチ登録を外した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ