本文へ移動

男子6位の山本草太が初めて同じ大会に出場の羽生結弦からエキスを吸収「4回転トーループを簡単に跳んでいるのを見習いたい」

2019年11月24日 18時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子6位だった山本草太

男子6位だった山本草太

24日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯・エキシビション(札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子6位の山本草太(19)=中京大=が羽生結弦(ANA)から多くのことを吸収したことを明かした。初めて同じ大会に出場し、一緒のグループで練習したこともあった山本は「ウオーミングアップとかもたくさん見れました。スケーティングだけではなく、試合への気持ちの持っていき方など学べることはたくさんありました」と憧れのスケーターと過ごした日々を振り返った。
 もちろん、吸収したことは12月の全日本選手権(東京)に向けた練習に生かしていく決意。「スピンやステップのレベルを取りこぼさず、ジャンプも質の高いものにしなければいけない。羽生選手が4回転トーループを簡単に跳んでいるのを見習いたい。練習の時から強い気持ちを持ってやっていきたいです」とさらなる精進を誓っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ