本文へ移動

打倒ロシア勢!紀平梨花 4回転サルコー「完成度を高められれば」GPファイナルで披露も

2019年11月24日 19時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK杯のエキシビションで演技する紀平梨花

NHK杯のエキシビションで演技する紀平梨花

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯に出場した日本勢が24日、札幌市内で一夜明けの取材に応じた。女子2位の紀平梨花(17)=関大KFSC=は演技の質を高めて、GPファイナルでロシア勢に対抗することを誓った。
 大会連覇を逃す、総合2位だった紀平が一夜明け取材に応じ、あらためて今季鮮烈なシニアデビューを果たしたロシアの新鋭3人との戦いが、厳しいものであることを吐露した。
 「昨年(のファイナル)はノーミスすれば大丈夫だった。でも、今回はノーミスしても加点がどれだけ多いとか、レベルの取りこぼしなどで、順位がすごく変わってくるぐらい厳しい戦いになる。本当に完成度の勝負になるので、しっかりクリーンな演技がしたい」
 12月5日に開幕するGPファイナル(イタリア・トリノ)は2連覇を目指す大会だが、今年のタイトル防衛は甘くない。今季のGP2戦を見ると、スケートカナダで4回転ジャンパーのトルソワに、NHK杯では同じトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に持つコストルナヤに、それぞれ10点前後の差をつけられての敗戦を強いられたからだ。
 「4回転サルコーはファイナルまでに完成度を高められれば入れようかなと思うが、(試合直前の)最後に決める」

 代名詞のトリプルアクセルをSPとフリーで計3本成功させ、さらに4回転サルコーを日本女子として初めてシニア大会で跳べば、雪辱の可能性は高まる

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ