本文へ移動

ロッテ荻野、鳥谷らも陽性…11人が新たにコロナ感染 他に濃厚接触4選手特定 今夜ZOZOマリンでのオリックス戦は予定通り開催

2020年10月6日 14時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今夜のZOZOマリンスタジアムでのロッテーオリックス戦は予定通り開催される

今夜のZOZOマリンスタジアムでのロッテーオリックス戦は予定通り開催される

 プロ野球のロッテは6日、新型コロナウイルスに荻野貴司外野手(34)ら1軍の7選手を含む11人が新たに感染していたと発表した。
 感染したのはほかに角中勝也(33)、清田育宏(34)、菅野剛士外野手(27)、鳥谷敬(39)、藤岡裕大内野手(27)、三木亮内野手(28)と伊志嶺翔大走塁兼打撃補佐兼外野コーチ補佐(32)、チームスタッフ3人。
 4日に岩下大輝投手(24)、スタッフ1人の陽性判定を受けて1軍監督、コーチ、選手、スタッフ、関連職員78人にPCR検査を実施した結果、判定された。
 残りは陰性だったが、岩下投手の濃厚接触者として東妻勇輔投手(24)、小野郁投手(23)、和田康士朗外野手(21)、山本大貴投手(24)の4人が特定された。
 新たに陽性判定された11人のうち検査後に数人が発熱したが、症状は軽いという。今後保健所の指示に従いながら入院など適切に対応していくという。
 ZOZOマリンは5日に消毒。陽性確定者と濃厚接触者の登録を抹消し、入れ替えた上で6日のオリックス戦は予定どおり開催する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ