本文へ移動

集めると「麒麟」に 御湯印巡りいかが

2020年10月6日 05時00分 (10月6日 11時17分更新)
御湯印めぐりをアピールする関係者ら=岐阜県池田町段で

御湯印めぐりをアピールする関係者ら=岐阜県池田町段で


 各地の温泉を巡って心と体を癒やす「御湯印めぐり 麒麟(きりん)もいく温泉」が、三重、岐阜両県八カ所の温泉施設で行われている。岐阜などが舞台の大河ドラマ「麒麟がくる」にあやかった催し。各施設でもらえる「御湯印札」を集めて並べると、平和や幸福の象徴とされる麒麟の絵が浮かび上がる。大河ドラマの放送を受け春から実施予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。コロナの早期収束を願って北勢地方の二施設、岐阜県内の六施設が協力し、館内の換気や消毒など感染対策を徹底して企画を始めた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報