摘果リンゴのシードル新発売 マツザワが「特区」活用、飯田に醸造所

2020年10月6日 05時00分 (10月6日 11時09分更新) 会員限定
摘果リンゴを使った「アッポシードル」をPRする宮島さん=飯田市で

摘果リンゴを使った「アッポシードル」をPRする宮島さん=飯田市で

  • 摘果リンゴを使った「アッポシードル」をPRする宮島さん=飯田市で
  • りんご並木内に設立されたシードル醸造所=飯田市で
 土産品製造販売の「マツザワ」(高森町)が、飯田市の「南信州飯田果実酒特区」を活用した初のシードル醸造所を、同市中心市街地の「りんご並木」内に設けた。栽培過程で間引く「摘果リンゴ」を混ぜた新商品「APPO CIDRE(アッポシードル)」を開発し、五日から販売を始めた。 (寺岡葵)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧