本文へ移動

<お届けします>舩橋新聞店(小牧市) 田畑広がる地域に密着

2020年10月6日 05時00分 (10月6日 11時44分更新)
古地図を前に「地域の歴史や地形を学べば愛着も深まります」と話す舩橋さん=小牧市三ツ渕の三ツ渕会館で

古地図を前に「地域の歴史や地形を学べば愛着も深まります」と話す舩橋さん=小牧市三ツ渕の三ツ渕会館で

  • 古地図を前に「地域の歴史や地形を学べば愛着も深まります」と話す舩橋さん=小牧市三ツ渕の三ツ渕会館で

 名古屋高速の小牧IC近く、企業の支社や倉庫が並ぶ小牧市三ツ渕原新田にある一九七三年創業の舩橋新聞店。二代目店主の舩橋和志さん(50)は「人の温かさが魅力の地域。田畑も多く配達や集金の際に野菜をいただくこともあります」。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧