奈良美智さん新作、破格1億1000万円 愛知・豊田市が購入

2020年10月6日 05時00分 (10月6日 07時30分更新) 会員限定
 日本を代表する現代美術家で、国際的に活躍する奈良美智さん(60)の絵画作品を、愛知県豊田市が一億一千万円で購入した。今年描かれた未発表の新作で、近年の奈良作品を代表する正面向きの人物像。同市美術館に収蔵され、十七日から同館で展示される。
 購入した作品のタイトルは「Through the Break in the Rain」。縦二百二十センチ、横百九十五センチの大作で、アクリルで描かれている。同館の北谷正雄学芸員は「今後代表作になりうる作品」と評価する。市議会の九月定例会で、購入契約の議案が可決された。
 奈良さんは青森県出身。愛知県立芸術大(同県長久手市)と同大学院で油彩画を学び、学生時代から名古屋市などで発表を重ねてきた。欧米などで高く評価されており、美術市場では一点が数十億円となることもある。
 豊田市美術館は二〇一七年、奈良さんの過去最大規模となる個展を開催。十万人以上の来館者を集めた。開館二十五周年の今年、地元ゆかりの作家として作品の購入を検討。奈良さんによる館の活動への理解もあり「近年の市場評価額と比べると、相当な安価」(同館)での購入となった。
 同市が市費で一億円以上の作品を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧