熱投151球!これがエース 三菱自動車岡崎・仲井が2年連続東京ドーム切符たぐり寄せた

2020年10月5日 11時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1失点完投し、ガッツポーズする三菱自動車岡崎の仲井洋平投手(手前)

1失点完投し、ガッツポーズする三菱自動車岡崎の仲井洋平投手(手前)

  • 1失点完投し、ガッツポーズする三菱自動車岡崎の仲井洋平投手(手前)

◇4日 都市対抗野球大会東海地区2次予選・第6代表決定戦 三菱自動車岡崎2―1西濃運輸(愛知・岡崎市民)

 三菱自動車岡崎のエース・仲井が、1失点完投で2年連続の代表権をもたらした。序盤は制球に苦しんだが、相手打者をよく観察した丁寧な投球を展開。失点は先頭打者を四球で出した6回の1点のみで、151球を投げ抜くと、大きなガッツポーズで喜びを表現した。かつては184センチの長身から最速150キロ超の直球を投げ込む豪腕として、主に抑え役で活躍。先発転向後は技巧派としても新境地を開いた。時習館高、慶大と進んだ30歳のベテラン右腕は「目の前の打者を打ち取ることだけを考えて、1イニングずつ投げられた」と胸を張った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ