本文へ移動

帰国の羽生結弦がさすがの調整力 公式練習では笑顔も見せた

2019年12月19日 16時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公式練習で笑顔を見せる羽生結弦

公式練習で笑顔を見せる羽生結弦

◇19日 フィギュアスケート全日本選手権公式練習(東京・国立代々木競技場)

 冬季五輪男子2連覇の羽生結弦(25)=ANA=が公式練習に参加した。
 この日がカナダ・トロントからの帰国後初めてとなる練習だった羽生は疲れが抜けきれていないようで、フリーの曲「Origin」をかけた練習では冒頭の4回転ループの着氷で手を突いたのを皮切りに、ジャンプでのミスが目立った。
 しかし、曲かけ練習後はサルコーやループといった4回転ジャンプに成功。4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプや曲かけ練習で失敗していたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなどさすがの修正力をみせた。
 約35分の練習を終えた羽生は多くを語らず会場を後にしたが、18日には「本番までの時間は十分あるので、自分がいい演技ができるように(調子を)持っていけたら」と語っていた。ショートプログラム(SP)を行う20日は午前中に試合会場での公式練習が予定されており、そこで最終調整に取り組むことになる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ