本文へ移動

優勝候補の紀平梨花が納得の最終調整 SP本番へ公式練習

2019年12月19日 12時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公式練習で調整した紀平梨花

公式練習で調整した紀平梨花

◇19日 フィギュアスケート全日本選手権公式練習(東京・国立代々木競技場)

 女子の紀平梨花(17)=関大KFSC=が東京・国立代々木競技場で、19日のショートプログラム(SP)に向けた公式練習に参加した。
 
 紀平は午前9時55分からの第4グループで、坂本花織(シスメックス)や樋口新葉(明大)とともに登場。SPの曲「ブレックファスト・イン・バグダッド」をかけての練習では、後半に組み込む予定の3回転フリップ―3回転トーループの着氷がやや乱れたが、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はクリーンに成功させた。
 約30分間行った公式練習では曲かけ練習以外でのトリプルアクセルの転倒もあった。しかし、最後にはきっちり修正。18日の公式練習後に「GPファイナル後の練習はうまくいっている」と調子のよさを強調した通り、最終調整も納得いく内容となったようだった。
 女子SPで18番滑走となっている紀平は20時15分から演技を開始する予定になっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ