本文へ移動

GI児島キングカップ 菊地GI 13度目V

2020年10月5日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
通算13回目のGI制覇を果たした菊地孝平=児島で

通算13回目のGI制覇を果たした菊地孝平=児島で

 岡山県・児島ボートの開設68周年記念GI「児島キングカップ」は4日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、1号艇の菊地孝平(42)=静岡=がインからコンマ09のトップSで逃げを決め2月・多摩川65周年以来となるGI通算13回目の優勝。賞金1000万円を獲得して同ランクは3位に順位を上げ、シードのグランプリTR2ndスタートが見えてきた。2着は差して続いた峰竜太、3着には山崎智也が入った。
 ファイナル6人のSG及びGIタイトル総数は176。そっくりそのままグランプリ優勝戦メンバーでもおかしくない豪華カードで菊地が第58回以来、10大会ぶりに児島周年を制した。
 「展示に行ったときかなり確信というか自信になりましたね」。前検で新ペラに交換してのシリーズとなったが「変なくせがついていない分やりやすかった」と、3日目からは順調な調整。予選でシリーズリーダーに立ちイン逃げ3連勝締め。最後もけちのつけようがない勝ちっぷりだった。
 優勝賞金1000万円を獲得して賞金ランクはレース直前の6位から3位に浮上。グランプリTR2ndステージからの出場が形となって見えてきた。「3年連続(17〜19年)で1stから。(1st1、2回戦の)2日間はしんどい、きついんですよ」。ダービー最終日の翌日から30日のF休みを控えるが「せっかくだから1位を狙ってやろうと。少しでも近づきたい」と、菊地が次走のまるがめ周年、そして大村ダービーで猛チャージをかける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ