<揺れる原発大国 フランスはいま>(下)コストと安全性議論

2020年10月5日 05時00分 (10月5日 05時01分更新) 会員限定
仏西部スラックシュルメールで9月、海が目の前に迫った元低所得者支援施設

仏西部スラックシュルメールで9月、海が目の前に迫った元低所得者支援施設

  • 仏西部スラックシュルメールで9月、海が目の前に迫った元低所得者支援施設
 フランス西部の海辺の町スラックシュルメール。廃虚となった低所得者支援施設の足元に海が迫る。海面上昇で海岸の土砂が流され、安全上の理由で六年前から立ち入り禁止となった。
 「以前は海岸に砂丘が連なり、海がほとんど見えなかった」。近くのカジノで管理責任者を務めるニコラ・エクセランスさん(38)は振り返る。海岸線は六十年間で三百メートル後退。幼少期から付近の海岸をたびたび訪れている自営業パトリック・ゴンザレスさん(57)は「温暖化の影響は明らか」と危機感を示した。
 欧州投資銀行の二〇一九年の調査によると、仏国民の83%が「日常生活で温暖化の影響を感じる」と回答。近年、国内は猛暑で最高気温が四〇度を超え、温室効果ガスを出さない原発を再評価する声が環境団体の中からさえ出ている。
 仏政府が一五年に原発依存の引き下げを表明して以来、守勢に立たされてきた電力業界は好機とばかりに攻勢に出た。フランス電力(EDF)は「二酸化炭素を出さないクリーンな電力」と訴え、「低炭素社会で不可欠なパートナー」と強調する。休暇でスラックシュルメールの海岸を訪れたジャンマルク・オリベさん(70)も「温暖化が進む状況で原発は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧