トラック、青色に一新 敦賀市の陸上競技場改修

2020年10月5日 05時00分 (10月5日 05時01分更新) 会員限定
鮮やかな青色のトラックに改修された敦賀市総合運動公園陸上競技場=同市沓見で

鮮やかな青色のトラックに改修された敦賀市総合運動公園陸上競技場=同市沓見で

  • 鮮やかな青色のトラックに改修された敦賀市総合運動公園陸上競技場=同市沓見で
 敦賀市沓見の市総合運動公園陸上競技場の改修工事が完了し、一日から利用が始まった。えんじ色だったトラックは鮮やかな青色に一新し、福井市の県営陸上競技場(9・98スタジアム)と同じ素材を使って、全国レベルの選手を育成する環境に整えた。トラックに囲まれたサッカーコートも、天然芝から人工芝に張り替え。四日は改修後初めての公式大会が開かれた。
 計八レーンの四百メートルトラックを備える同競技場は、一九八七(昭和六十二)年に建設。トラックが破損したり、サッカーコートの芝が荒れたりと老朽化が進んでいた。工事は昨年八月から一年かけて市が実施。費用は約六億円で国と折半した。
 トラックは全天候型ポリウレタン舗装を採用。めくれが生じても部分的な張り替えで修理でき、短い時間で対応できる。サッカーコートも人工芝にして、管理がしやすくなった。
 日本陸上競技連盟から一日付で、県レベルの大会ができる「第三種」に認定された。今後、県大会を開いたり、市内の学校の陸上部が練習をしたりする。
 四日の市学童秋季陸上記録会では、市内の小学五、六年生がピカピカのトラックを駆け抜けた。走り幅跳びなどに出場した粟野南小五年の杉本紬(つ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報