本文へ移動

楽天継投決まらず逆転負け 三木監督「いろいろ理由あり、きょうはこの形でいくという判断だった」

2020年10月4日 21時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三木監督

三木監督

◇4日 オリックス9-2楽天(京セラドーム大阪)
 楽天は継投が決まらず逆転負けを喫した。1点リードの7回に2番手で投入した左腕・池田駿が先頭の吉田正に二塁打を許し1死後、寺岡にスイッチ。プロ入り初の3日連続登板となった寺岡は同点打を浴び、さらに満塁のピンチを招くと、伏見に右中間三塁打を浴びて3点を勝ち越された。
 先発・滝中が6イニング1失点と好投していただけに惜しい敗戦。三木監督は「いろいろな理由があり、きょうはこの形でいくという判断でこの結果だった」と渋い表情だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ