立川志らく物議の『代打三ツ間事件』で立浪さんにツッコミ「監督に『いなくなっちゃいますよ』と言う人いなかったの?」

2020年10月4日 18時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく

立川志らく

  • 立川志らく
  • 立浪和義さん
 ドラゴンズファンで知られる落語家の立川志らく(57)が4日、中京テレビ(名古屋市)のスポーツ番組「スポーツスタジアム☆魂」に登場し、元中日で野球評論家の立浪和義さんと対談。今季最も気になった中日・与田監督の采配について7月の“代打三ツ間事件”を挙げた。
 「やはり代打がいなくなったことが…。ああいうことが起きるんですかね?」。7月7日のナゴヤドームでのヤクルト戦で延長10回に投手に代打を送ろうとしたところ、既に野手を全て出場させていたため、控え投手の三ツ間卓也(28)を起用。空振り三振に倒れた。この一件は采配ミスではないかと試合後も物議を醸した。
 「ヘッドコーチだとかいろいろなコーチがいるのに、『監督、(選手が)いなくなっちゃいますよ』と言う人がいなかったの?」と率直に尋ねると、立浪さんから「監督だけの責任じゃなくて、ヘッドコーチもちゃんと見ておかないといけない。監督だけのミスではない」との解説を受けた。
 志らくは「ファンもあまり短気にならない方がいい。勝つと大喜びだけど、負けるとボロクソの繰り返しだから」と呼び掛けた。今季のドラゴンズについては「ものすごい強い時とものすごく弱い時がある」と感想を漏らした。
 同局によると、対談は9月に東京都内で行われた。次週の11日も志らくと立浪さんの対談が放送される。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ