本文へ移動

サトノレイナスが“出遅れ”も驚異の末脚で2戦2勝…ルメール「最後はいい脚」国枝師は阪神JF参戦示唆【サフラン賞】

2020年10月4日 16時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
外から突き抜けたサトノレイナス

外から突き抜けたサトノレイナス

◇4日 サフラン賞(2歳1勝クラス・中山・芝1600メートル)
 出遅れて最後方を追走した単勝1番人気のサトノレイナス(牝2歳、美浦・国枝)が直線で末脚を伸ばして差し切り、デビューから2連勝した。
 ルメールは「出遅れたが後ろでリラックスして走ることができた。最後はいい脚を使ってくれた」と振り返った。国枝師は「出られるなら暮れのG1に」と、「阪神JF」(G1・12月13日・阪神・芝1600メートル)への参戦を示唆した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ