本文へ移動

上原浩治氏が“コロナ感染”を告白「CAさんに申し訳ない」米から帰国後の成田で判明も無症状、隔離を終え番組出演

2020年10月4日 10時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
上原浩治氏

上原浩治氏

 巨人や大リーグで活躍した元投手の上原浩治氏(45)が4日、TBS系「サンデーモーニング」にリモートでゲスト出演。新型コロナウイルスに感染していたことを告白した。
 スポーツコーナーの冒頭で司会の関口宏が「上原さんもアメリカからお帰りになっている。ところが、何かあったでしょう」と聞くと上原氏は「コロナの検査で陽性が出てしまいました」と話し、「一切発表はしてなかったんで、これが初めてです」と明かした。
 上原氏によると2週間前に米国から帰国した成田空港での抗原検査で陽性反応が出たそうで、近くのホテルでの隔離生活が始まったという。番組内では空港からホテルへ向かうシーンや、自室内での自撮り映像も流した。
 関口から陽性反応が出た時の心境を聞かれた上原氏は「不安というよりなんで自分がということです」と振り返り、「ホテルの部屋からは出てはいけないので、ずっと部屋で過ごしていました」と明かした。上原氏はホテルでの6日間の隔離後、PCR検査を2日連続で陰性が出たことで隔離生活を終えたという。
 発熱や倦怠感など、症状はまったくなかったという上原氏は「自分の中ではこれは間違いじゃないかなと思っていたんですけど。そういう人は多分いっぱいいると思うので是非検査を受けて、陰性という結果が出れば大丈夫なので受けてない方は1度受けてもらいたい」と呼びかけると、「一番最初に思ったことはCAさんに申し訳ないなと思いまして。僕が出たことによって、そこで一緒に飛んでいた方が2週間隔離されることになると聞いたので、それは本当に申し訳ないなと」と話した。
 また、トランプ米大統領が感染したことには「マスクをするとか、密にならないとか、最低限のことはしないといけないのかなと思う」と話した。
 番組終了後には自身のツイッターを更新した上原氏は「サンデーモーニングが無事終わりました。夜は、NHK『サンデースポーツ』です コロナ…もう陰性です。身体は絶好調です。でも続きがあります #上原浩治の雑談魂 でいろいろやりますから、観てください。ってか、もうあげてますので…」と自身のユーチューブチャンネルで詳細を報じていることを記した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ