愛工大、名城大が先勝 首位・愛工大はきょう連勝なら最終週を待たずにV決定

2020年10月4日 10時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛工大の新村将斗

愛工大の新村将斗

  • 愛工大の新村将斗
 愛知大学野球秋季リーグ戦は3日、パロマ瑞穂球場で、第6週の2試合が行われ、愛工大と名城大が先勝した。
 愛工大は、2投手の無失点リレーに打線が11安打で応え、5―0と中部大を投打で圧倒。名城大は「4番・指名打者」の大川陽大(3年・三重)が先制打と逆転打を放つ2安打3打点の活躍で、6―5で東海学園大に逆転勝ちした。勝ち点3で首位の愛工大が、4日の試合に連勝して勝ち点を4に伸ばした場合、勝ち点と勝率で上回るチームがいないため、最終週の結果を待たずに優勝が決定する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ