本文へ移動

<しなの 山・紀行> 陸自松本駐屯地・山岳レンジャー

2020年10月4日 05時00分 (6月12日 21時49分更新)
駐屯地内にある「山岳戦士の像」の前に立つ池田さん=松本市高宮西の陸上自衛隊松本駐屯地で

駐屯地内にある「山岳戦士の像」の前に立つ池田さん=松本市高宮西の陸上自衛隊松本駐屯地で

  • 駐屯地内にある「山岳戦士の像」の前に立つ池田さん=松本市高宮西の陸上自衛隊松本駐屯地で
  • 山地での機動訓練に臨む隊員=北アルプス・焼岳で(同駐屯地提供)
 県内唯一の駐屯地である松本市の陸上自衛隊松本駐屯地は、標高三千メートル級の雄大な山々をいただく県の立地を生かして山岳での訓練を重ねる。所属する全隊員が山岳に習熟し、特殊技能を持つ「山岳レンジャー隊員」も養成。松本駐屯地は陸自でも「山岳部隊」として名をはせ、隊員は誇りを持って訓練に励む。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧