本文へ移動

フィギュア全日本選手権で宇野昌磨が逆転4連覇「信じられない」 羽生結弦はまさかのミス連発で2位

2019年12月22日 21時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝した宇野昌磨

優勝した宇野昌磨

◇22日 フィギュアスケート全日本選手権・男子フリー(東京・国立代々木競技場)

 男子SPは、2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(22)=トヨタ自動車・中京大=が184・86点をマークし、SPの105・71点と合わせて290・57点で逆転優勝。大会4連覇を飾った。4年ぶりの出場となる冬季五輪連覇の羽生結弦(25)=ANA=はジャンプに苦しんで172・05点と伸びず、SPの110・72点との合計282・77点で2位だった。
 宇野は「信じられない」と王者羽生のミスによって転がり込んだ形の優勝に驚きの表情。それでも、シーズンベストをマークし、「ちゃんとコーチが決まったこと(が大きい)。やっと自分のスケートをやりたい気持ち、向き合う気持ちが見つかったかな」と手応えを口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ