御殿場市が女子自転車チームと連携 五輪向け競技PR

2020年10月4日 05時00分 (10月4日 05時01分更新)
チームを紹介する加藤修代表(前列左)=御殿場市役所で

チームを紹介する加藤修代表(前列左)=御殿場市役所で

  • チームを紹介する加藤修代表(前列左)=御殿場市役所で
 御殿場市は、県東部を練習拠点にする女子自転車チーム「High Ambition 2020jp.」と、来年の東京五輪に向けた機運醸成などで連携すると発表した。
 両者は今後、自転車競技の普及、サイクルツーリズムの推進などで連携する。具体的には、子ども向けの自転車教室や、市内の五輪コースを紹介するPR動画の作成などを考えている。市は協力企業の確保などでチームを支援する。
 チームの加藤修代表によると、日本は女子自転車競技界で世界に後れを取っており、実業団チームもないという。日本選手に本場のトップ選手との経験を糧にしてもらおうと、二〇一九年にチームを発足。選手は十五人ほどで、海外選手は東京五輪候補や国際大会の優勝経験者が複数いる。
 発足当初は神奈川県を拠点にしていたが、東京五輪自転車ロードレース競技で御殿場市や裾野市、小山町がコースの一部になっていることから、県東部に拠点を移した。
 御殿場市役所であった会見で、加藤代表は「富士山麓は世界中のサイクリストにとって、憧れの地。地域の皆さんと一緒に頑張りたい」と話した。 (佐野周平)

関連キーワード

PR情報