本文へ移動

凱旋門賞制覇へ幸先良し!! 仏遠征中の武豊がアマレナでV「完勝でしたね」昨年仏オークス以来の騎乗で結果出す

2020年10月3日 10時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊

武豊

 凱旋門賞(G1・4日・仏ロンシャン・芝2400メートル)でジャパン(牡4歳、アイルランド・オブライエン厩舎)に騎乗するためフランス遠征中の武豊騎手(51)=栗東・フリー=が2日、サンクルー競馬場で行われたリステッド競走の「ダリア賞」(芝2000メートル、7頭立て)でアマレナ(牝4歳、フランス・P・バリー厩舎)に騎乗し、1着となった。
 武豊は「久しぶりにこの馬に乗りました(昨年6月の仏オークス15着以来)が、状態も良さそうでしたし、すごく馬場が重かったのですが、こういう馬場は大丈夫と思っていました。着差(5馬身差)が示す通り完勝でした」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ