本文へ移動

荒川静香さん 情熱的なステップにイナバウアーで観客を魅了

2020年1月10日 23時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
華麗な滑りでファンを魅了した荒川静香

華麗な滑りでファンを魅了した荒川静香

◇10日 アイスショー「アイスエクスプロージョン2020」(横浜市・KOSE新横浜スケートセンター)
 2006年トリノ冬季五輪金メダリストの荒川静香さん(38)が華麗な滑りでアイスショーに彩りを添えた。第1部ではバイオリニストの宮本笑里さんが奏でる「タンゴジェラシー」のメロディーに乗った情熱的なステップなどで観客を魅了すると、第2部でもスローな曲調に乗って代名詞といえるイナバウアーなどを披露。フィナーレでも村上佳菜子さんとアイスダンスに似た動きをみせるなどして、トリノ五輪に一緒に出場した高橋大輔が座長を務めているアイスショーを最後まで盛り上げていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ