本文へ移動

皇帝ジュニアに熊本が沸いた!!“親子共演”のプルシェンコさんはトゥーランドットで盛り上げた

2020年1月25日 21時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
演技するエフゲニー・プルシェンコさんの息子・アレクサンダー君

演技するエフゲニー・プルシェンコさんの息子・アレクサンダー君

  • 演技するエフゲニー・プルシェンコさんの息子・アレクサンダー君
  • 演技するエフゲニー・プルシェンコさん

◇25日 アイスショー「プリンスアイスワールド熊本公演」(熊本市・アクアドームくまもと)

 2006年トリノ冬季五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコさん(37)が、「皇帝」という異名で呼ばれた現役時代をほうふつとさせる華麗な演技で熊本のリンクを盛り上げた。
 この日の演技で選んだ曲目は、プッチーニ作曲の歌劇「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」。共演した女子の荒川静香さんが金メダルを獲得したトリノ冬季五輪のフリーで使った曲として日本ではおなじみのアリアに乗って、きれいな着氷のジャンプや華麗なステップを次々と披露。演技を終えると、投げキッスや拍手でロシア国旗を掲げるファンもいた観客席の大歓声に応えた。
 また、この日は息子のアレクサンダー君(7)が最初のスケーターとして登場。父親がかつてフリーのプログラムで滑った「タンゴアモーレ」のメロディーに乗ってかわいらしくジャンプを決めていった。日本ではなかなか見られない親子共演に、熊本のフィギュアスケートファンは大満足の様子。フィナーレで並んで頭を下げる2人に拍手を送っていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ