本文へ移動

DeNAオースティン4試合ぶり先発で豪快弾 守備でもハッスルプレー…ラミレス監督称賛

2020年10月3日 08時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏1死一塁、左越え2ランを放つDeNAのオースティン。捕手木下拓

3回裏1死一塁、左越え2ランを放つDeNAのオースティン。捕手木下拓

◇2日 DeNA5―8中日(横浜)
 自打球の影響で欠場していたオースティンが、「2番・右翼」で4試合ぶりに先発復帰すると3回1死一塁から左翼ポール際に一時は勝ち越しとなる10号2ラン。「完璧なスイングではなかったが、ファウルにならなくてよかった」と規格外のパワーを見せつけた。
 守備でも4回に阿部の飛球をスライディングで好捕。ラミレス監督も「パワーは申し分ない。とにかくハードワーク、ハッスルしてくれるのもチームにとっていいと思う」と称賛した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ