水面に映る幻想的庭園 福井でライトアップ

2020年10月3日 05時00分 (10月3日 05時00分更新) 会員限定
ライトアップされた木々が水面に映し出され幽玄な世界を醸し出す庭園=福井市の養浩館庭園で

ライトアップされた木々が水面に映し出され幽玄な世界を醸し出す庭園=福井市の養浩館庭園で

  • ライトアップされた木々が水面に映し出され幽玄な世界を醸し出す庭園=福井市の養浩館庭園で
 名勝・養浩館庭園(福井市宝永3)のライトアップが2日、同庭園で始まった。光に照らされた木々が池の水面に映る光景を、数寄屋(すきや)造りの建物の座敷から眺めることができる。
 秋の夜を幻想的に彩る庭園の夜景を楽しんでもらおうと、市が毎年主催し、今年で8年目。発光ダイオード(LED)と白熱電球計90個で庭園内の木々を照らしている。
 17、18日には、宝永地区の児童や幼児が作ったあんどん約300個を園内の道や庭園の外壁沿いに展示する。あんどんには子どもたちの「夢」をテーマにした絵が描かれている。
 ライトアップは、11月23日までの金曜、土曜、日曜日と祝日・祝日前日の午後5〜8時30分。入園料は大人220円、中学生以下と70歳以上、障害者は無料。 (成田真美)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報