本文へ移動

畑岡奈紗が首位に1差7アンダー好発進「ほとんど100点に近い」 渋野日向子は前半5アンダーも「後半は集中力が…」5差22位

2020年10月2日 10時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
畑岡奈紗(AP)

畑岡奈紗(AP)

◇1日 米女子ゴルフ ショップライトLPGAクラシック第1日(米ニュージャージー州、シービュー・ドルチェホテルベイC)


 畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=が64で回り、7アンダーで首位に1打差の3位と好発進した。渋野日向子(21)=サントリー=は68の3アンダーで22位。
 畑岡は前半の18番で長いパットを決めてイーグルを奪ったほか、6バーディー、1ボギー。グリーンを外したのは3ホールだけという内容に「ほとんど100点に近いゴルフ。マネジメントがよかった。イーグルパットも、入る距離ではなかったが、うまく転がってくれた」と自己評価した。
 渋野は開始の10番でチップイン、11番で10メートル近いパットを沈めて連続バーディー発進したが、8番をダブルボギーにしたほか3つボギーをたたいた。「前半はなんでこんないいスコア(1イーグル、4バーディー、1ボギー)なのか分からないスコアだったが、後半は集中力がなかった。短いパットが入らず、流れが悪くなった。情けない」と反省した。
 8アンダーの首位はローレン・スティーブンソン(米国)ら2人。他の日本勢は河本結(22)=リコー=が1アンダーで55位、上原彩子(36)=モスバーガー=はイーブンで71位、野村敏京(27)は2オーバーで93位、山口すず香(20)は4オーバーで109位。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ