本文へ移動

県産ユズで全身保湿 大台・丸八土建の女性社員らが新商品

2020年10月2日 05時00分 (10月2日 12時15分更新)
県産のユズを使ったボディミルクとマルチバームを手掛けた女性社員=大台町の丸八土建で

県産のユズを使ったボディミルクとマルチバームを手掛けた女性社員=大台町の丸八土建で

  • 県産のユズを使ったボディミルクとマルチバームを手掛けた女性社員=大台町の丸八土建で
  • ボディミルクとマルチバーム。肌に塗ると、ほんのりユズの香りがする=大台町の丸八土建で
 大台町の建設業「丸八土建」の女性社員で組織する「あしたば事業部」が、県産ユズの皮から抽出した油を使ったケア用品「ボディミルク」と、全身の保湿に使える化粧品「マルチバーム」を開発した。これまでに事業部が手掛けた化粧品の利用客の声から生まれた新商品で、1日に発売した。町の特産でもあるユズは保湿成分が豊富で、乾燥が気になる季節に使いやすくなっているという。(冨田章午)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧