本文へ移動

真紅のヒガンバナ見頃 豊田、逢妻女川両岸に200万本

2020年10月2日 05時00分 (10月2日 10時50分更新)
咲き乱れるヒガンバナ=豊田市宮上町の逢妻女川で

咲き乱れるヒガンバナ=豊田市宮上町の逢妻女川で

 豊田市南西部を流れる逢妻女川の両岸で、赤いヒガンバナの花が見ごろを迎えている。地元の逢妻女川彼岸花育成会が二十四年前から植え続けてきた株は今や二百万本に及び、近くを通る人たちの目を楽しませている。ヒガンバナは天王橋(丸根町)から男橋(宮上町)までの五百メートルほどに広がる。ほとんどが赤色で、ところどころに真っ白な花も交じる。通り掛かった親子連れは「きれいだね」と目を細めていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧