本文へ移動

江南・曼陀羅寺の藤で蜂蜜作り 来年販売へ、古知野高生も協力

2020年10月2日 05時00分 (10月2日 10時46分更新)
間宮さん(前列中央)と、レシピやラベルを考案した生徒たち=江南市の古知野高で

間宮さん(前列中央)と、レシピやラベルを考案した生徒たち=江南市の古知野高で

  • 間宮さん(前列中央)と、レシピやラベルを考案した生徒たち=江南市の古知野高で
  • 蜂蜜を使ったレシピやラベル案が展示された文化祭の会場=江南市の古知野高で
 江南市五明町の養蜂家、間宮年雄さん(72)が、同市前飛保町の曼陀羅(まんだら)寺公園の藤から採れた蜂蜜を作っている。地元の高校生らの協力も受け、来年の販売に向けて準備している。 (鈴木里奈)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧