紫翠閣とうふや 破産手続き決定

2020年10月2日 05時00分 (10月2日 05時01分更新) 会員限定
 帝国データバンク名古屋支店によると、「紫翠閣とうふや」で知られる湯富屋(とうふや)旅館(愛知県豊田市)が九月三十日、名古屋地裁岡崎支部に自己破産申請し、破産手続き開始決定を受けた。負債額は約七億円。新型コロナウイルス感染拡大で利用が激減したこともあり、事業継続を断念した。新型コロナ関連倒産は愛知県内で二十六件目。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報