地域のため長年尽力 湖西市が4個人2団体表彰

2020年10月2日 05時00分 (10月2日 05時03分更新)
影山剛士市長(右)から表彰された皆さん=湖西市役所で

影山剛士市長(右)から表彰された皆さん=湖西市役所で

  • 影山剛士市長(右)から表彰された皆さん=湖西市役所で
 湖西市は一日、市の発展に貢献したとして消防や交通安全、社会福祉など五分野の四個人二団体を表彰した。表彰式が市役所であり、影山剛士市長が「行政の手の届きにくい範囲で、長年地域のために尽くしていただいた。さらに住みやすいまちづくりのために協力をお願いしたい」とたたえた。 (鈴木太郎)
 教育学術文化功労を受けたのは、市中央図書館で絵本や紙芝居の読み聞かせを続ける「図書館ボランティアたんぽぽ」(星川由美子会長)。読み聞かせのセミナーを受講したメンバーを中心に二〇〇三年に結成し、現在は十人が活動する。図書館以外にも、一一年からは浜名特別支援学校(新居町)に出向いた活動も手掛ける。
 環境美化功労は、南上の原地区を拠点に活動する「なすび会」(夏目勇会長)に贈られた。一九九六年に結成し、二十年以上にわたって道路沿いの花壇に年三回苗を植え続けている。二〇一七年には県道路利用者会議から感謝状を受けている。
 交通安全功労の太田正男さん(82)=新居町=は合併前の一九八六年から今年三月までの三十三年間、新居町と湖西市の交通指導隊員として事故防止活動に尽力。社会福祉功労の中村哲子さん(74)=同=は、八九年から二〇一九年までの三十年間民生委員児童委員を務めた。
 消防功労は、一七、一八の両年度に市消防団長を務めた宇藤光昭さん(59)=新所岡崎梅田入会地=と、一三〜一八年度に副団長を務めた山本敬博さん(58)=大知波=の二人に贈られた。

関連キーワード

PR情報