今年限り無期限休部の永和商事、2日連続の粘り勝ち 竹馬が決勝適時打!

2020年10月1日 18時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回に決勝打を放った永和商事ウイングの竹馬敦雅

8回に決勝打を放った永和商事ウイングの竹馬敦雅

  • 8回に決勝打を放った永和商事ウイングの竹馬敦雅
 ◇1日 都市対抗野球大会東海地区2次予選・第6代表決定ブロック2回戦 永和商事ウイング4―3JR東海(愛知・岡崎市民)
 永和商事ウイング(四日市市)が2日連続で粘り勝った。この日のヒーローは「5番・指名打者」の竹馬敦雅(ちくば・たいが、22)だ。3―3の8回無死二、三塁で、JR東海(名古屋市)・古田から決勝の適時右前打。「今日は自分がヒーローになろうと思っていた。貢献できた」と静かに喜びをかみしめた。
 9月30日は王子(春日井市)に9回サヨナラ勝ち。前の打順の4番・築地主将の一打で勝負を決めた。この日の試合前、西正文監督(59)から「昨日はヒーローを逃したな」と声をかけられた竹馬は「今日こそは」の思いを強くした。
 東海地区を中心にパチンコ店を展開する同社は新型コロナウイルス禍により業績が悪化。経営強化を図るため、今季限りでの休部が決まっている。今予選は3敗し、最終の第6代表決定ブロックまで追い込まれた。次の試合で負ければ、最後の都市対抗出場のチャンスは消える。
 「何としても勝ちたいという気持ちが強い」と竹馬。最後の東京ドーム切符まであと2勝。意地でつかみ取るつもりだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ