描く、創る喜び大人も夢中に 日本福祉大教授、教員や保育士に美術講座

2020年10月1日 05時00分 (10月1日 10時59分更新) 会員限定
メリハリのある色彩の組み合わせが目を引く保育士らが手掛けた作品=尾張旭市の藤池保育園で

メリハリのある色彩の組み合わせが目を引く保育士らが手掛けた作品=尾張旭市の藤池保育園で

  • メリハリのある色彩の組み合わせが目を引く保育士らが手掛けた作品=尾張旭市の藤池保育園で
  • 夢中になって綿棒で色をのせていく参加者=尾張旭市の藤池保育園で
 瀬戸市在住で日本福祉大(美浜町)で図画工作の教育方法を教える松下明生教授は、十年以上にわたって保育園や学校などの教員ら向けの美術講座を開催している。要望に応じて絵画、立体、工作など幅広く対応。「子どもたちに造形の喜びを伝えたい」と話す。 (吉本章紀)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧