本文へ移動

ヒガンバナ 紅白の彩り 福井・足羽川堤防

2020年10月1日 05時00分 (10月1日 09時22分更新)
紅白の花が仲良く咲き、通行人の目を楽しませているヒガンバナ=30日、福井市つくも1の足羽川左岸堤防で(山田陽撮影)

紅白の花が仲良く咲き、通行人の目を楽しませているヒガンバナ=30日、福井市つくも1の足羽川左岸堤防で(山田陽撮影)


 紅白のヒガンバナが、福井市つくも一の足羽川左岸堤防で、見頃を迎えている。桜並木が続く九十九(つくも)橋から桜橋までの約二百五十メートルにわたり、堤防の所々に群生している。
 近くの店で働く人によると、今年は例年よりやや開花が遅く、白い花は九月二十三日ごろから、赤い花はここ数日で咲き始め、まだつぼみのものもある。
 堤防に自生していたヒガンバナの球根を育てて植え直し、少しずつ増やしてきたという近所の人は「見に来た人がきれいだと言ってくれるとうれしい」と笑顔で話した。 (成田真美)

関連キーワード

おすすめ情報