東証、全株式の取引を終日停止

2020年10月1日 09時05分 (10月1日 12時08分更新)
 東京証券取引所は1日、相場情報の配信に障害が発生したことから、午前9時からの全株式の取引を停止した。
 東京証券取引所のシステム障害で、東京株式市場の主要な株価指数である日経平均株価(225種)と東証株価指数(TOPIX)は値段が正常に付かず、動かない状況になった。
 東京証券取引所は、全株式の取引を終日停止すると発表。システム障害について、外部からの不正アクセスによって発生した可能性は低いと明らかにした。
 札幌証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所は1日、株式全銘柄の売買を停止したと発表した。
 日本取引所グループ(JPX)は1日、傘下の大阪取引所では株価指数先物などの取引が通常通り行われていると発表した。

関連キーワード

PR情報