起用法に批判も…久保建英は4試合連続のスタメン落ち エメリ監督「快適にプレーできる彼のポジションを見つけてもらいたい」

2020年10月1日 08時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英

久保建英

  • 久保建英
 ビリャレアルの久保建英(19)は現地時間30日に行われた第4節アラベス戦で後半30分から途中出場。シュートを放つ場面もあった一方で4試合連続ベンチスタート。試合後エメリ監督が久保の起用法について会見で問われた。
 試合は序盤に先制点を挙げたビリャレアルが一度はミスから追いつかれたものの、前半終了間際のPKと後半22分の追加点で2点リードを奪う。2点リードの状況でピッチに送り出された久保は左ウイングに入り、得意のドリブルを仕掛ける場面も。アディショナルタイムにはペナルティーエリア内左からシュートを狙ったが相手GKに止められ、移籍後初ゴールとはならなかった。
 得点に直結する活躍とはならなかったため、地元紙「マルカ」の採点で久保は3点満点中1点にとどまっている。また同紙によると会見でエメリ監督が「彼のプレーぶりにはとても満足している。中盤のさまざまな位置でプレーできることはご存じだろう。快適にプレーできる彼のポジションを見つけてもらいたい」とするとともに「今日は輝かしいわけではなかったが、うまく機能していた」などと話した。
 期限付き移籍で久保をレアル・マドリードから獲得したエメリ監督だが、ここまで公式戦で久保のスタメンはなし。前節バルセロナ戦後にはツイッター上で批判の声が挙がっていると「AS」紙が報じる一件もあった。欧州リーグ(EL)も含めて過密日程が待ち受ける中で、エメリ監督は久保を先発起用する機会は訪れるだろうか。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ