石原まき子・石原プロ会長、渡哲也さん死去後初のコメント 「全てを終え石原のいる来世に旅立った」

2020年10月1日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石原裕次郎さん二十三回忌法要に出席した石原まき子会長(左)と渡哲也さん=2009年7月5日、東京・国立競技場で

石原裕次郎さん二十三回忌法要に出席した石原まき子会長(左)と渡哲也さん=2009年7月5日、東京・国立競技場で

  • 石原裕次郎さん二十三回忌法要に出席した石原まき子会長(左)と渡哲也さん=2009年7月5日、東京・国立競技場で
 昭和の大スター・故石原裕次郎さんの妻で「石原プロモーション」の石原まき子会長(87)が30日、同プロ所属で8月10日に肺炎のため死去した俳優渡哲也さんについて本紙などにコメントを発表した。まき子会長が渡さんの死後、コメントするのは初めて。
 まき子会長はあらためて渡さんの死去を伝え、故人の強い遺志で8月14日に密葬、9月16日に四十九日法要を近親者のみで済ませたことを報告。同プロによると、まき子会長は渡さんの「静かに送ってほしい」という遺志を尊重し、これまでコメントするのを控えてきたが、四十九日法要も終え、一段落したことで発表したという。
 裕次郎さんが1963年1月16日に立ち上げた石原プロは、来年1月16日で“解散”し、約60年の歩みに終止符を打つ。一部の俳優は既にほかの事務所に移籍し、まき子会長は「株式会社石原プロモーションの業務変更と会社名の変更新会社事務所の決定、俳優さんの所属先も加えて順調に進行中でございます」と説明した。
 渡さんは現在オンエアされている宝酒造の日本酒「松竹梅」のCMで裕次郎さんと“共演”。同CMは1970年以来、裕次郎さんが17年間出演。裕次郎さんが亡くなると、渡さんが後を継ぎ33年間出演してきた。裕次郎さんと渡さんで合わせて50年の節目を迎えた年に渡さんが亡くなり、まき子会長は「本人も全てを終えさせていただき石原のいる来世に旅立ちさせていただきました」と報告し、「長い間本当にありがとうございました」と感謝した。
 ◆まき子会長のコメント全文◆
 拝啓
 仲秋の候 益々ご隆盛のことと御見受け申し上げます。さてこの度弊社相談取締役渡哲也儀 8月10日に永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を感謝し慎んでお礼申し上げます。尚、密葬の儀は故渡哲也の生前からの強い申し出で家族葬で静かに送り弔い御供、その他の儀は固くご辞退させていただき偲ぶ会も行わないでほしいとの遺言に従いご家族、会社が徹底して故人の希望に従い、密葬を8月14日に執り行い、四十九日法要を9月16日に家族のみで執り行いました事を報告とさせていただくと共に故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。又、株式会社石原プロモーションの業務変更と会社名の変更新会社事務所の決定、俳優さんの所属先も加えて順調に進行中でございます。
 今回の宝酒造株式会社様の石原と渡さんのコマーシャルに関しまして、1970年に石原が先代 大宮会長様の出演希望依頼でコマーシャルをお受けして以来、年々お互いの信頼度が高まり石原が病気などしてもコマーシャルを打ち切ることなく絆が深まって行く一方でした。石原が17年間、渡さんが33年間コマーシャルをお受けして今年で50年を迎えました。宝酒造株式会社様と石原プロモーションの間では更に信頼関係が深まり書類での契約書でなく絆の契約書と言って宝酒造株式会社様からどんな事が有ろうと石原プロとは最後の最後までお願いすると決定していただき、1970年石原で始まり今年2020年渡さんで終え50年の節目となりました。宝酒造株式会社様には長きに渡りお世話になり心より感謝申し上げます。本人も全てを終えさせていただき石原の居る来世に旅立ちさせて頂きました。長い間本当に有難うございました。公の紙面でこの様なことを公表する事をお許しください。
            敬具
株式会社 石原プロモーション
         石原まき子

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ