本文へ移動

新社名「シャープディスプレイテクノロジー」液晶分社化始動 亀山工場に本社

2020年10月1日 05時00分 (10月1日 05時01分更新)
シャープディスプレイテクノロジーの本社があるシャープ亀山工場=三重県亀山市で

シャープディスプレイテクノロジーの本社があるシャープ亀山工場=三重県亀山市で

 シャープは一日、亀山工場(三重県亀山市)内に本社を置く新会社「シャープディスプレイテクノロジー」に液晶パネル事業を分社化する。新会社は亀山工場と三重工場(同県多気町)、堺工場(堺市)を運営。ジャパンディスプレイ(JDI)から取得を決めた白山工場(石川県白山市)での生産も担う。
 新会社は八月に設立し、資本金一億円でシャープが全額出資した。社内カンパニーで液晶パネルを手掛けるディスプレイデバイスカンパニー社長、桶谷大亥(たいみ)氏が会長に就任、社長にはシャープ常務執行役員で鴻海(ホンハイ)精密工業出身の王建二(おうけんじ)氏が就いた。
 液晶パネル事業の二〇二〇年三月期の売上高は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報