志賀高生が考案 健康体操 町民の心身衰え予防に

2020年10月1日 05時00分 (10月1日 10時29分更新)
掛け声に合わせ町特産品を描いた絵を掲げる脳トレ体操の収録に臨む生徒たち=志賀町赤住の花のミュージアムフローリィで

掛け声に合わせ町特産品を描いた絵を掲げる脳トレ体操の収録に臨む生徒たち=志賀町赤住の花のミュージアムフローリィで

  • 掛け声に合わせ町特産品を描いた絵を掲げる脳トレ体操の収録に臨む生徒たち=志賀町赤住の花のミュージアムフローリィで

動画撮影進める


 志賀町の志賀高校総合学科3年生21人が、専門家の指導で考案した高齢者のフレイル(加齢で心身が衰えた状態)予防体操「みんなでやらんけ!志賀人(しかんちゅ)体操」の動画撮影を進めている。高齢者の運動会などで活用してもらい、町民の健康促進につなげる。 (室木泰彦)
 体操はオープニング、筋トレ歌体操、ほぐし体操、脳トレの4部構成。同校2年生が総合学習の時間を利用して開発。健康運動指導士で福祉レクワーカーの宮西好子さん、金城大看護学部の藤田三恵教授らの指導で完成させた。3年生は、体操しやすいよう生徒の実技を収録した動画のDVDを作成する。
 25日は町民なじみの施設として同町赤住の花のミュージアムフローリィで脳トレ動画を収録した。町特産で知られるころ柿やカニ、スイカ、牛(牛肉)のイラストを描いたボードを用意。「ころがき」「うーし」などリズミカルな手拍子と掛け声に合わせ該当する生徒がボードを掲げる脳トレの実演を撮影した。
 塩谷樹矢(たつや)さん(17)は「手拍子などタイミングが難しかったが1カ月ほど準備しうまくいった。志賀高の元気なところを見てほしい」、筋トレ担当の今枝広太さん(17)は「ピアノと太鼓に合わせる部分が注目です」と話した。動画は10月8日の町老人クラブ連合会の運動会、同30日の同校学校祭で発表予定。

関連キーワード

PR情報