本文へ移動

無敗三冠狙うコントレイル 次走は在厩のまま菊花賞 矢作師「いい形で前哨戦を終えることができた」

2020年9月30日 22時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コントレイル

コントレイル

 余裕たっぷりのレース内容で秋初戦の神戸新聞杯を勝ち、1984年シンボリルドルフ、2005年ディープインパクトに次ぐ史上3頭目となる無敗での三冠達成へ大きく前進したコントレイル(牡3歳、栗東・矢作)は予定通り、次走は在厩のまま「菊花賞」へ向かう。
 矢作師は「いい形で前哨戦を終えることができました。それにカイ食いもレース前よりも良くなっている。神戸新聞杯を走って体は減ったと思うけど、29日の段階で460キロに回復していました。2日から調教を開始する予定です」と思い通りの上昇ぶりに目を細めていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ