本文へ移動

ラグビー神戸製鋼 共同主将に日和佐篤とトム・フランクリン 復活V支えたエリスとカーターがアドバイザーに

2020年9月30日 21時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸製鋼の新主将に決まった日和佐篤

神戸製鋼の新主将に決まった日和佐篤

 ラグビートップリーグ(TL)の神戸製鋼は30日、今季の新体制を発表。共同主将としてSH日和佐篤(33)とロックのトム・フランクリン(30)の2人を選出した。
 日和佐はサントリー時代の2011年、15年W杯に日本代表で出場。15年の南アフリカ撃破など日本代表の快進撃に貢献した。18年に神戸製鋼に移籍すると、元オールブラックスの司令塔ダン・カーターとHBペアを組み神戸製鋼の15年ぶりのTL優勝に貢献した。
 フランクリンはU―20ニュージーランド(NZ)代表、スーパーラグビーのハイランダーズなどを経て同じく18年に神戸製鋼入りし、優勝に貢献。ベストフィフティーンにも選ばれた。
 また、昨季まで在籍して復活優勝を支えた元オールブラックスの2人、SHアンドリュー・エリス(36)とSOダン・カーター(38)が、アドバイザーとしてチームスタッフ入り。年に数回程度来日し、若手にアドバイスを送るなどの活動をする予定という。
 さらに新加入選手として、大阪朝鮮高時代の17、18年度に高校日本代表に選ばれたSO、CTB李承信(り・すんしん)の加入が発表された。李は帝京大に進学し、昨季1年生ながら6試合に出場したが、このほど退学。神戸製鋼でのプレーを選択した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ