本文へ移動

40歳のヤクルト・石川が12球団開幕投手“大トリ勝利”…入団から19年連続勝利で球団生え抜き初の40代勝利投手に

2020年9月30日 20時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA戦に先発し力投するヤクルトの石川

DeNA戦に先発し力投するヤクルトの石川

◇30日 DeNA3―5ヤクルト(横浜)
 不惑の左腕がようやく手にした「破顔一勝」だ。ヤクルト・石川雅規投手(40)が5イニング2/3を4安打2失点の好投。今季10度目の先発で待望の初勝利をマークし、球団生え抜きでは初となる40代の勝利投手が誕生した。
 5回まで、わずか1安打で無失点。持ち味の打たせて取る投球で二塁を踏ませなかった。6回2死から2連続適時打を喫したが、試合をつくった申し分のない内容で救援陣に後を託した。
 3年ぶり9度目の開幕投手を務めた今季は不運の連続だった。初戦の中日戦は勝利投手の権利を持って降板したが逆転負け。セ・リーグ初となる40代の開幕戦勝利投手を惜しくも逃すと、次戦の巨人戦で演じた6イニングを1失点の好投も勝利に結び付かなかった。
 7月中旬には上半身のコンディション不良で戦列離脱。復帰戦となった8月25日の巨人戦では5イニングを2失点に抑えたが打線の援護に恵まれなかった。「のどから手が出るほど勝ちがほしい」。そう吐露したこともある石川は「何とか結果を出してチームに貢献できるようにやるだけ。しっかり戦力として投げられるようにしたい」と腐ることなく前を向き続けた。
 現役最多172勝目で入団1年目の2002年から19年連続勝利も記録。まだまだ、若手には負けられない。これからも、投手陣の屋台骨を支えていく。
【今季の開幕投手】(成績は30日現在)
◇セ・リーグ
菅野 (巨人)    12勝0敗  
西勇 (阪神)    7勝4敗
大野雄(中日)    7勝5敗
大瀬良(広島)    5勝4敗
今永 (DeNA)    5勝3敗
石川 (ヤクルト)  1勝5敗
◇パ・リーグ 
石川 (ロッテ)   7勝3敗
則本昂(楽天)    5勝4敗
有原 (日本ハム)  5勝7敗
東浜 (ソフトバンク)5勝1敗
ニール(西武)    3勝6敗
山岡 (オリックス) 2勝3敗

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ