本文へ移動

ヤクルト・村上19号3ラン!「まだまだ足りない」自身初の本塁打王へ巨人・岡本に食らいつく

2020年9月30日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表1死一、二塁、村上が左越えに3ランを放つ

3回表1死一、二塁、村上が左越えに3ランを放つ

◇30日 DeNA-ヤクルト(横浜)
 ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が手応えバッチリの一発を放った。2点リードの3回1死一、二塁、DeNAの先発・上茶谷から19号3ラン。3ボール1ストライクから外角に来た変化球を左翼席に運んだ。
 9月26日の阪神戦(神宮)以来、3試合ぶりのアーチ。山田哲の適時打後に続いた好機での一振りに「チャンスだったし、バッティングカウントだったので、積極的に打ちにいきました」と胸を張った。
 試合前までの本塁打数はリーグトップの巨人・岡本と5本差だった。20歳の若き主砲は自身初の本塁打王を見据え「まだまだ足りない。もっともっと打てるようにやっていきたい」とあくまで貪欲だ。シーズンは終盤。虎視眈々(たんたん)と狙う打撃タイトル獲得へスパートをかける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ