本文へ移動

中日 高橋周平が先制犠飛「ランナーをかえせて良かったです」 今季3勝を献上している阪神・青柳から

2020年9月30日 19時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死満塁、高橋が先制の中犠飛を放つ

1回表1死満塁、高橋が先制の中犠飛を放つ

◇30日 阪神-中日(甲子園)
 中日の高橋周平内野手(26)が「5番・三塁」で先発出場し、先制の犠飛を放った。中日は前日まで今季甲子園で7戦全敗だが、“鬼門脱出”へ幸先の良い先制点を奪った。
 初回先頭の大島が四球で出塁し、京田は遊ゴロ失策で無死一、三塁とすると、アルモンテは空振り三振も、ビシエドが四球を選んで1死満塁。続く高橋が阪神・青柳の6球目スライダーをはじき返し、中堅への犠飛となった。続くシエラは右飛に倒れたが、今季3勝を献上している青柳から無安打で1点を奪った。
 頼れる主将は「ランナーをかえせて良かったです」と振り返った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ